eFaxがオススメの人

インターネットFAXで利用者数の多いeFaxですが、こんな方にオススメのサービスです。

  • 外出先からスマホでFAXの送受信をしたい人
  • コンビニFAXで月に送受信30枚以上している人
  • 送受信したFAXの管理を楽にしたい
  • FAXに関するコストを削減したい人

具体的にオススメの理由を説明していきます。

 

外出先からスマホでFAXの送受信をしたい人

インターネットFAX最大のメリットが、いつでもどこからでもFAXの送受信ができることです。

 

スマホからメールを送受信するように、FAX送受信が行えます。

 

もちろんパソコンやタブレットからでも送受信できるので、自宅・職場・外出先と場所を選ばず利用できます。

 

最大50のFAX番号に対して同報でFAX送信できるので、お知らせや情報の一斉送信も簡単にできます。

 

 

送信できるファイル形式

インターネットFAXで送信できるファイル形式は、下記になります。

  • Adobe PDF
  • Microsoft Word、Excel、PowerPoint
  • 画像:GIF、JPG、TIF、PNG

マイクロソフトのワード・エクセル・パワーポイントがそのまま送信できるので、急ぎで外出先から作成・修正した

  • 見積書
  • 仕様書
  • 提案書
  • プレゼン資料

などをFAXするのにとても重宝します。

 

さらに受信したFAXを手書きで編集することもできるので、

  • 稟議書の押印
  • 資料のチェック、添削

なども外出先から可能です。

 

外出先からFAX送受信をするだけでなく、

  • 外出先で作成or修正した資料をFAX送信
  • 書類に押印or添削してFAX返信

ができるのですから、作業効率が格段にアップします。

 

取引先や社内からも「仕事が早い!」と評判もよくなり満足度が高まります。

 

コンビニFAXで月に送受信30枚以上している人

コンビニFAXの料金は、クロネコFAXが使えるコンビニなら送受信ともに1枚50円です。

 

eFaxの料金は月額1,500円(税別)なので、コンビニFaxで月に30枚以上送受信しているならeFaxの方がお得になります。
(注)eFaxは通信時間60秒ごとに1ページとして計算されます。

 

・コンビニまで行ってFAXする手間
・マルチコピー機を使われていた時の待ち時間

 

などを考えると、料金以上にインターネットFAXには利便性を感じます。

 

コンビニでFAXを送受信するなら紙ベースですが、インターネットFAXなデータでのやり取りなので取り扱いが楽で便利です。

 

月に2〜3回程度だったら手間と思わないかもしれませんが、何度もFAXをしにコンビニに行くのもなかなか大変です。

 

暑かったり寒かったり雨だったりしたら、「面倒くさい〜。行きたくないなぁ〜。」なんて思っちゃいますよね。

 

その点でもインターネットFAXは、どこからでも送受信できるので便利なのです。

 

送受信したFAXの管理を楽にしたい

通常のFAX機の場合、用紙で送受信を行います。

 

送受信したFAX用紙は、ファイルなどで保管しておかなければなりません。

 

紙ベースえ保管することには、デメリットが多いんですよね。

  • 保管スペースが必要になる
  • 探すのが大変
  • 紛失の可能性がある

その点、インターネットFAXで送受信した内容は、PDFやワード・エクセル・パワーポイントなどでパソコンや外付けハードディスクで保存できます。

 

お得意先ごとや受信内容ごとにフォルダ分けしておけば、過去のファイルも見つけやすく管理しやすいです。

 

また、GoogleDrive・Dropbox、Evernoteなどのクラウドストレージで受信したPDFファイルを保存しておくと、より便利に管理が可能となります。

 

 

FAXに関するコストを削減したい人

一般的なFAX機を利用すると、下記のコストが発生します。

  • FAX機器代金(リース代金)
  • 用紙代
  • インク代
  • 通信料金
  • 電気代
  • メンテンナンスなどのランニングコスト

ちなみにefaxを利用する場合と費用比較するとこうなります。

 

1ヶ月に送受信を各150枚ずつFAX利用した場合の、想定費用はこちらになります。

明細 eFax 通常のFAX機
ファックス機代金(月額) 0円

5,000円
(一般的なリース料金)

サービス基本利用料金(月額) 1,500円

2,500円
(NTT東日本)

送信料金 0円

2,800円
(NTT回線利用)

受信料金 0円 0円

ランニングコスト
(用紙代、インク、メンテンナス料金など)

0円

*パソコン・スマホなどの電気料金は必要

用紙&インク代金:900円
電気代:450円(東京電力従量B)

総費用(月額) 1,500円 11,650円

 

eFax利用では、プリントアウトした場合やパソコン・スマホの電気代・維持費などで、もう少しコストが発生します。

 

ただ、それらを加味しても、通常のFAX機を利用するよりもかなりコストダウンすることが可能です。

 

トータル的にコストダウンできて、さらに利便性も向上します。

 

多くの企業や個人事業主が、インターネットFAXへ乗り換えしているのも納得です。

 

中でもeFaxは、サービス内容と費用のバランスが取れているインターネットFAXサービスとして人気です。

 

eFaxの評判

eFaxの評判をSNSで調べてみました。

 

特にツイッターでの口コミが多かったので、こちらにまとめてみました。

 

【悪い口コミ・評判】

なにこのeFAX、恐ろしく送信が遅い。相手に迷惑かかるレベル。

 

 

法人用の、一度に大量FAX送信が可能なサービスをご存じの方がいれば教えてください。eFaxがまったく使えないこと判明。


→eFaxは最大50のFax番号に対して、同報Faxを送信できます。

 

お役所も信用金庫もeFAX使えないのね。
Kinko’sを探す

 

 

 

【良い口コミ・評判】

そいえば、先日どうしてもfaxをしないといけないタイミングがあって、faxはおろかプリントすらコンビニ頼りで、正直めんどー!って思ってたら、ネット上で作業を完結できるeFaxというサービスを発見!

場合によってはレトロもいいけど、これはこれで素晴らしい。

 

eFaxにしたら送受信ともに、かなり手間は軽減できましたけどね

 

月6,000円のバーチャルオフィスで起業、自宅を事務所にしてました。電話はコールコネクト、FAXはeFax、契約はクラウドサインと全てオンライン完結。

 

開業するときに新規で電話とFAX引く人もいるらしいけど、顧問先が少ないときは050plus(月額324円)とeFAX(月額1620円)で十分だと思うよ。スマホで使えるから事務所を留守にしてても問題ないし、スマホでPDFアプリもあるから、読み込んだ書類をそのままFAXできる。

 

そうか、PDFで受信して、そのまま、PDFに書き込んで
eFAXで返信すれば良いんだな…
すいません、自己解決しました

 

今どきFAXでの注文を強制って何時代ですかってちょっとケンカしそうになったけど、今はインターネットFAXっていう便利な仕組みがあるそうでケンカにならずに済んだ。月額1000円以下のサービスが乱立してる中、今回はeFAXっていう月額1500円のやつを採用。機能もプロモーションも一番ちゃんとしてた。

 

eFaxに登録して、早速、送信してみた。このご時世にFAXなんていつ使うの?と思われるだろうが、裁判所への書面提出はメール不可。弁護士業を行う以上はFAXが必要。そしてFAXを送るためだけにわざわざ事務所へ向かうのも面倒。そこでeFaxを使ってみることに。

 

fax受け取りが必要で焦ってefaxって怪しいサービスに頼ったら、1分でfax番号取得できて神サービスやってなった

 

口コミ・評判まとめ

悪い口コミで、送信時間の遅さについてのツイートがありました。

 

eFaxは通信時間60秒ごとに1ページとして計算されます。

 

通信時間がかかる場合は、無料枚数が150ページより少なくなる可能性があります。

 

どれくらいの通信時間がかかるかは、それぞれの通信環境によって異なります。

 

そのためeFaxでは、30日間無料トライアルが利用できるようになっています。

 

一度試してみて、通信時間が遅かったり、利便性が悪い場合は、無料期間中に解約すれば料金は発生しません。

 

★eFaxの解約方法はコチラから>>eFaxの解約方法

 

また利便性については、eFaxの使い方を説明しますので、そちらも参考にして下さい。

 

eFaxの使い方

【送信の仕方】

登録したEメールアドレスを使って、送信したいファイルを添付して送信します。

 

送信先の番号
  1. 送信先のFax番号の前に国番号(日本国内なら「81」)を入力
  2. その後に「相手先のFAX番号(先頭の0を除く)」を入力
  3. 次に「@efaxsend.com」を入力で完了

入力の順番で書くと、下記のようになります。

 

国番号>市外局番>相手先のFax番号>@efaxsend.com

 

(FAX番号の記載例:03-1234-5678にFAX送信する場合)

 

国番号>市外局番>相手先のFax番号>@efaxsend.com
 81 >  3  > 12345678   >@efaxsend.com
   (03から0を除く)
→メールアドレスの宛先欄に「81312345678@efaxsend.com」と入力して送信すると、添付されたファイルが送信先にFAXで届きます。

 

【受信の仕方】

FAX受信は何もしなくても、相手先から送信されたFAXがスマホやパソコンにメールで届きます。

 

FAXはPDFファイル形式でメールに添付されて届くので、添付ファイルを開けばすぐに内容を確認できます。
(スマホ・パソコンにPDFファイルを閲覧できるソフト・アプリが必要です。無料で入手できます。)

 

内容を確認するのに、通常のFAX機のようにプリントアウトする必要はありません。

 

またプリントアウトの必要がある場合は、社内であればプリンターで、外出先であればコンビニの複合機でプリントアウトすることができます。

 

Dropbox・GoogleDrive・Evernoteなどで管理すれば、保存や検索が簡単にできます。

 

eFaxの料金

eFaxの料金は、下記になります。

項目 内訳
登録手数料 1,000円(税別)
お支払いプラン

<月払いプラン>
1,500円/月 (税別)
<年払いプラン>
18,000円/年 (税別)

受信

毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ

送信

毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ(国内) ※国外への料金表は こちら
* 1ページは60秒ごと に計算されます。

お支払い方法

クレジットカード
銀行振込
口座振替

 

★注意ポイント
送受信ともに毎月150ページまで無料となっていますが、ページ枚数の換算方法には注意が必要です。
通信時間60秒ごとに1ページとして計算されます。
送信時間がどれくらい掛かるのかは、実際に使ってみないと分からないです。

eFaxでは、送信環境や使い勝手を確認するために、30日間無料トライアルが利用できます。

 

実際に使ってから継続可否を決めるので、失敗することがありません。

 

使いにくかったりダメだったら、無料トライアル期間内に解約すればいいだけですから。

 

eFaxの解約方法

お客様専用サイト(eFaxログイン)より解約手続きを進めます。

 

ログイン後に、ヘルプにある解約手続きの方法に従って進めれば解約完了です。

 

■Apple経由で申し込んだ場合
Apple経由で申し込んだ場合eFaxアカウントの場合は、iTunesのアカウント設定から手続きを行って下さい。
自動更新をオフ(解除)にすると、定期購読が解約されるので解約となります。
iphoneアプリで退会・アンインストールしても、自動継続課金が解除されませんのでご注意を。

 

あなたの利用環境で使い勝手が良いか悪いか、30日間無料トライアルで試してみましょう。

 

>>eFaxの無料トライアルはコチラから

▼▼今なら30日間無料▼▼